arrow-left-endarrow-right-end

News & Updates

The Latest on Internet Pharmacies, Supplements, Designer Drugs,
and Other High-Risk Merchants

LegitScript makes Japanese newspaper Yomiuri

Japan’s Yomiuri newspaper recently published an article about LegitScript regarding our Internet monitoring methods.

Japan has the second-largest pharmaceutical market in the world, after the United States. Over the past two years, LegitScript has closed more than 400 illegal Japanese-language websites selling prescription medicine in a way that violates Japanese laws and regulations, and puts Japanese residents’ health and safety at risk.

Japan’s Congress is in the process of formulating new laws and regulations regarding the online sale of medicines, responding to the recent removal of a ban on the online sales of over-the-counter products imposed by the Japanese Supreme Court. In response, websites that illegally sell prescription medicine online, such as BestKenko, have started to target the Japanese market in new ways, such as displaying OTC products instead of prescription drugs at the top of their page, and selling prescription drugs illegally to the customers who seek OTC drugs. We believe that Japan will need more active monitoring in the coming year to respond to these threats.

LegitScript utilizes various approaches to keep the Internet clean from unregulated drug sellers, monitoring not only domain names, but also their advertisements, affiliate programs, payment processing, and connections to international criminal networks. Our monitoring program is endorsed by the National Association of Boards of Pharmacy (NABP), and LegitScript works with law enforcement agencies worldwide, such as INTERPOL, the US FDA and EU medicine boards.

The illegal online sale of medicines is a threat to citizens’ health and public safety no matter where it happens, including Japan.


 

読売新聞社の「論点スペシャル」にレジットスクリプトの監視手法についての記事が掲載されました。

日本の医薬品市場はアメリカに続き、世界第二位の規模です。レジットスクリプトは、日本の法規に従わずに処方箋医薬品を販売し、日本人の健康と安全を脅かす日本語ウェブサイトを、過去二年間で400以上閉鎖しました。

日本では最高裁の判決に基づく一般用医薬品(OTC医薬品)のオンライン販売の解禁により、現在国会で医薬品のオンライン販売について新しい法案が審議されています。一般用医薬品のオンライン販売解禁に合わせ、医療用医薬品を違法に販売するウェブサイトのベストケンコーなども、現在はトップページに一般用医薬品を表示し、一般用医薬品を求めている顧客に対し、一般用医薬品と医療用医薬品をセットにして違法に販売するなど、国内市場を狙った動きが出ています。今後、更なる積極的な日本市場への監視が必要となるであろうと我々は予想しています。

レジットスクリプトは未規制の医薬品販売者からインターネットの安全を守るため、ドメイン名だけでなく、広告、アフィリエイトプログラム、決済方法、また、国際犯罪ネットワークとのつながりなど、多角的に調査と監視を行っており、このレジットスクリプトの監視手法はNABP(アメリカ全国薬事評議会連合会)に承認されています。また、レジットスクリプトはインターポール(国際刑事警察機構)、USFDA(アメリカ食品医薬品局)、欧州の医薬品局など、世界中の法施行機関と提携をしています。

オンライン上での医薬品の違法販売は、人々の健康と公共の安全を脅かすものです。それはどこで行われても同じです。日本でも、危険な事に変わりはありません。