News & Updates

The Latest on Internet Pharmacies, Supplements, Designer Drugs, and Other High-Risk Merchants

Filter:

Beware: New BestKenko Strategy Uncovered

LegitScript has published several articles on BestKenko network, the largest rogue pharmacy network targeting Japan.  As we have discussed in previous blog articles, websites under the BestKenko network advertise and sell unapproved prescription medicines in violation of Japanese laws. They do not have a Japanese pharmacy license, and the medicines they sell have not been […]

Continue Reading ›

「日本語だから大丈夫?」ベストケンコーの新たな罠

私たちは、日本最大の不正医薬品販売組織である「ベストケンコー」について、以前何度かブログ記事を書いてきました。ベストケンコーは日本の法律に反し、安全性が保障されていない未承認医薬品を広告・販売しています。日本の薬局免許も持っていません。ベストケンコーは度重なる警告やドメイン名の停止措置にも関わらず、ウェブサイトが閉鎖される度に新たなページを立ち上げ、不正販売を続けています。 最近、ベストケンコーは日本語パッケージの未承認処方箋医薬品の販売をはじめました。 このような日本語のパッケージの未承認医薬品が出現したことは、日本の消費者にとって大変危険なことです。消費者は日本語のパッケージを見ることで、正規品だと思い込んでしまう恐れがあるからです。ベストケンコーは「安心の日本語パッケージ」と広告していますが、果たして本当に「安心」なのでしょうか。シログラ、ジマトラ、ジマリス、プロペストライド、これらは全て日本で未承認です。シログラ-100は100mgのシルデナフィルの成分を含んでいますが、日本ではシルデナフィルは25mgと50mgしか承認されていません。そもそも日本でシルデナフィル100mgという正規品など存在しないのです。これら未承認医薬品を広告、販売するのは日本の法律に違反する行為です。 シログラは「3箱ご購入でもう1箱プレゼント!」などと広告されています。このような販売方法はお菓子の安売りなどではよく見ますが、そもそも処方箋医薬品は医師から処方されなくてはならないものなので、「もう一個プレゼント」などという売り方は許されません。 では、なぜこれらの製品が危険なのでしょうか。答えは簡単です。インターネットで未承認医薬品を購入した場合、どんな製品が届くのかは全く分からないのです。インターネット上で販売されているED薬の約40%は偽造品というデータもあります。個人輸入で購入した偽造薬により、死亡疑いを含む複数の健康被害が報告されています。 ベストケンコーのウェブサイトには、「安心の100%保障」、「正規品保障」、「安心、安全」など、聞こえのいい広告文句が散りばめられています。しかし、これらの甘い広告文句の裏には、何の躊躇もなく違法行為をやってのける日本人ではない犯罪者がこうしたウェブサイトを運営しているという現実があります。このような犯罪組織であるベストケンコーから薬を買うことに、「安心」や「保障」などありえないのです。

Continue Reading ›

日本語不正オンライン薬局のセーフヘイヴン、GMOインターネットの対応について

これは「ばいあぐらジェネリック通販.net」という薬機法に違反するウェブサイトのスクリーンショットです。 この「カマグラゴールド」という医薬品はインドで流通しているものですが、日本では承認されていませんので「未承認医薬品」とみなされます。

Continue Reading ›

レジットスクリプトの調査書:違法医薬品販売ウェブサイトとGMOインターネットの関係について

Download the English report. 日本語のレポートはこちらからダウンロードできます。 弊社レジットスクリプトは公共の安全を守る世界規模の活動として、ドメイン名レジストラに無規制で危険な医薬品を販売するサイバー犯罪を行うウェブサイトを閉鎖するように要請を行っています。ウェブサイトにドメイン名を提供する「ドメイン名レジストラ会社」は世界に約千社ほど存在します。その大多数は弊社が通知する不正インターネット薬局ウェブサイトを積極的に閉鎖し、インターネットの安全性を高める事に貢献しています。 しかしながら、少数のレジストラは、危険な医薬品を販売するウェブサイトを閉鎖しません。

Continue Reading ›

LegitScript Issues Report on GMO Internet and its Relationship with Illegal Online Drug Marketers

Download the English report. 日本語のレポートはここです。 LegitScript seeks to help protect public health on a global scale by notifying domain name registrars about cybercriminals selling unregulated, often unsafe medicines. Most of the world’s ~1,000 domain name registrars terminate services to these “rogue Internet pharmacies,” thus shutting down the websites and making the Internet safer. But a […]

Continue Reading ›

ベストケンコー(ベストくすり)を閉鎖しました

このブログ記事を発表した後、ベストケンコーはカナダのドメイン名レジストラであるTucowsに圧力をかけ、Tucowsは一旦オフラインにしたドメイン名を再びオンラインに復活させてしまいました。レジットスクリプトはベストケンコーに対し、また、Tucowsのように犯罪組織をかくまうレジストラに対し、働きかけを続けます。 レジットスクリプトは、最大規模の犯罪組織であるベストケンコー(前ベストくすり)のウェブサイトの執行に成功し、ベストケンコーが保有している bestkenko.com や kusuriexpress.net などを含む、複数のウェブサイトを閉鎖しました。 昨日まではこのように堂々と薬事法違反を行っていました。 今日の時点で同サイトはこのように閉鎖状態となりました。 ベストケンコーは日本国民を標的とする最大の不正医薬品販売組織です。レジットスクリプトはこの犯罪組織がアフィリエイトウェブサイトを含め、350以上のウェブサイトを運営している事を把握しています。これら350以上のウェブサイトは全てbestkenko.com または kusuriexpress.net にリンクし、この二つのどちらかのウェブサイトを通して不正販売を行っていました。今回この二つのウェブサイトを閉鎖した為、今日の時点で350のウェブサイト全てが違法販売を行う事ができなくなっています。 今回閉鎖に成功したベストケンコーのウェブサイトはShkrawar Peth, Puneという住所のもと、「Vaijanti Pharma」という社名、「Amruta Krishna Kenge」という個人名でドメイン名登録されていました。言うまでもありませんが、もしこのドメイン名登録者がインドでなんらかの医薬品販売許可書を持っていたとしても、ベストケンコーが日本の法律に明らかに違反して運営されている事に変わりはありません。 ベストケンコーはドメイン名と店舗名を変え、また違法営業を再開するでしょう。実際にレジットスクリプトは過去にこの犯罪組織が運営していた bestkusuri.com を閉鎖しましたが、同様のウェブサイトが後にbestkusuri.net として戻ってきました。その後我々はまた同様に彼らの bestkusuri.net を閉鎖しましたがこれも bestkenko.com と kusuriexpress.net として戻ってきました。レジットスクリプトが今回これらを再度閉鎖した今、ベストケンコーはまた慌ただしく、新しいドメイン名を探し、新しい名前のロゴを作っていることでしょう。 レジットスクリプトはベストケンコーが日本国民の健康と安全を脅かす違法営業を止めるまでベストケンコーを追いかけ続けます。 レジットスクリプトはベストケンコー運営者に対し、不正医薬品販売ウェブサイトの運営を止めるよう警告します。 また、レジットスクリプトはベストケンコーのような不正業者から処方箋なしで海外から処方箋医薬品を買うことを止めるよう、日本国民の皆様にお願い申し上げます。もしあなたがベストケンコーから購入した薬を使用し健康被害があったとしても、ベストケンコーのような犯罪組織は誠意を持った対応はしないでしょう。 ベストケンコーの犯罪組織について、2012年にレジットスクリプトが発表したブログ記事はこちらをご覧下さい。 日本語:http://blog.legitscript.com/2012/10/「ベストくすり」:シンガポールのインターネッ/ 英語:http://blog.legitscript.com/2012/10/bestkusuri-com-japanese-rogue-pharmacy-linked-to-singapore-internet-firms/

Continue Reading ›

Three new China-based networks target Japan with rogue Internet pharmacies

LegitScript has recently identified three new rogue Internet pharmacy networks based in China that are shipping prescription medicines and tainted dietary supplements into Japan, in violation of Japanese Pharmaceutical Affairs laws and regulations. Online sales of prescription drugs is illegal in Japan, except for very rare occasions. We should note that all the websites in […]

Continue Reading ›

日本に向け医薬品を不正販売する3つの中国犯罪組織を特定

レジットスクリプトは日本の薬事法に違反し、日本に向けて医療用医薬品や医薬品成分を含む精力剤などを販売している3つの不正薬局ネットワークを特定しました。日本では、ごく一部の例外を除き、 処方箋医薬品のインターネット販売は違法です。これら三つのネットワークが経営するウェブサイトはどれも正しくない日本語が含まれており、非日本語話者によって運営されている事が明白です。レジットスクリプトは日本の消費者に対し、処方箋医薬品をインターネットで買わないよう、警告します。三つのネットワークについて: 1. 中国b89(媚薬) このネットワークは中国を拠点とし、b89.jp や b89mall.com など、20以上のウェブサイトを運営しています。「b89」は「媚薬」を意味しています。レジットスクリプトは最近、ks0505.comなど、このネットワークに属する15のウェブサイトを閉鎖しました。このネットワークは主に媚薬やED医薬品などを販売しており、シアリス100mgのような、危険を及ぼす可能性のある薬を販売しています。シアリスは5mg、10mg、20mgしか承認されておらず、シアリス100mgというのはどこの国でも承認されていません。この商品が万が一「本物」であったとしても、正規品の5倍から20倍の強さがあり危険である、という事は容易に想像できます。 2. 中国CLV社 このネットワークはclvmall.com や idrugstore.asia や セックスレス対策.comのような、40のウェブサイトを運営しています。違法に処方箋医薬品を販売するだけでなく、 正規品でないと思われるスポーツユニフォームなども日本代表ユニフォーム.com や unifomushop.comで販売しています。ユニフォームを売るウェブサイトと医薬品を違法に売るウェブサイトの両方に0368-63-5416の電話番号が載せてあります。 uniformushop.com (矢印の所に0368-63-5416が記載されています): ed-store.net (医薬品販売ウェブサイトにも矢印の所に0368-63-5416が記載されています): この電話番号に電話すると、カスタマーサービスは、「お客様は、偽造ED薬を注文しましたか?それとも偽造ニューヨークヤンキースのユニフォームを注文しましたか?」と聞くのでしょうか。 3.イワ貿易 三つ目のネットワークは「イワ貿易」です。このネットワークは中国の福建省に拠点をおき、seiryokuzai.com や x-kanpou.com などのウェブサイトを運営しています。先述の2つのネットワークと同様に、シアリス、レビトラ、バイアグラなどのED医薬品に加え、危険な精力剤や媚薬を販売しています。処方箋医薬品が危険な事は言うまでもありませんが、これらのネットワークが販売する精力剤や媚薬も大変危険です。例えば、「 威哥王 (ウェイカワン)」という名前の精力剤は、鹿、羊、オットセイなどの陰茎や朝鮮人参が原料とありますが、医薬品成分であるシルデナフィルが含まれている事が確認されています。また、媚薬として売られている「紅蜘蛛(べにぐも)」は、天草やクコが成分としてあげられていますが、医薬品成分であるクロザピンが含まれている事が確認されています。シルデナフィルもクロザピンも、処方箋医薬品の成分であり、医者の処方箋の提示を求めずに販売する事は許されていません。 レジットスクリプトはこれらの中国を拠点とする不正薬局から医薬品、媚薬、精力剤などのヘルスケア製品を買わないよう(それにニューヨークヤンキースのユニフォームの偽造品も)、日本の消費者に向けて警告致します。

Continue Reading ›

LegitScript makes Japanese newspaper Yomiuri

Japan’s Yomiuri newspaper recently published an article about LegitScript regarding our Internet monitoring methods. Japan has the second-largest pharmaceutical market in the world, after the United States. Over the past two years, LegitScript has closed more than 400 illegal Japanese-language websites selling prescription medicine in a way that violates Japanese laws and regulations, and puts […]

Continue Reading ›

レジットスクリプトの調査:日本のオンライン薬局で法規に従っているのは0.1%のみ

レジットスクリプトは、処方箋医薬品を扱う日本語オンライン薬局の実態について調査を行いました。日本は、処方箋医薬品の世界第二番目に大きな市場です。レジットスクリプトは2013年に、次の二点に関して、調査を行いました。 日本語の検索結果に現れる不正オンライン薬局の実態。 検索結果に現れる不正オンライン薬局ウェブサイトは、どんな犯罪ネットワークに属しているのか。 —>英語の調査報告書とデータのダウンロードはこちらから。日本語の調査報告書のダウンロードはこちらから。 調査報告書の前半では、日本のオンライン薬局に関する法規をまとめました。OTC医薬品の一部を除いては、日本では処方箋医薬品を販売するオンライン薬局は違法です。(最近の最高裁の判決により、OTCのオンライン販売は合法になる方向にありますが、処方箋医薬品のオンライン販売は違法です。)他の国と同様、日本で薬局を開設するためには薬局許可が必要です。薬局で販売される医薬品は承認を受けていなければなりません。また、処方箋は医師免許を持った医師が直接診察をして発行しなければなりません。 基本的に、処方箋医薬品を輸入する事は違法です。厚生労働省は非常に狭い範囲での個人輸入を認めています(mhlw.go.jp/kinkyu/diet/tuuchi/0828-4.html)調査報告書でも述べたように、不正オンライン薬局は、レジストラ、銀行、また、一般市民に対して、 この厚生労働省の文書を用い、「日本では処方箋医薬品の輸入は認められており、オンライン薬局の経営は合法である」と説明する事がよく見られます。 問題は、日本の法規はそう定義しているのではない事です。我々の調査で示されたように、この個人輸入の規則は狭く、この規則に従っているオンライン薬局はごく一部に限られています。2,345件の検索結果中、たった1つのウェブサイト、0.1%だけが厚生労働省の規則に従っています。その他は厚生労働省の規則に全く従っていませんでした。 日本におけるオンライン薬局市場 以下の図は、厚生労働省のホームページに記載してあるものです。  日本の薬事法68条は、未承認医薬品の広告を禁じています。(例えば、日本ではバイアグラは25mgと50mgしか承認されていないため、バイアグラ100mgは純正品であったとしても、広告をする事は禁じられています。)不特定多数に未承認薬の輸入の「希望を募る」行為は禁じられています。業者は「代行」する事のみ可能であり、自ら医薬品を発送する事はできません。顧客が処方箋医薬品を配給する薬局などに連絡を取る手助けをする「受動的な第三者」としての営業のみ可能です。その逆の行為、つまり業者から顧客に購入を促す事はできません。 データの分析 レジットスクリプトのこの2013年の調査では、「リピトール 通販」や「レクサプロ 輸入代行」など、医薬品と薬局関係の検索語に対しての検索結果、2,345件を分析しました。処方箋医薬品の販売を目的とするウェブサイトのうち、厚生労働省のガイドラインに従っている割合を調べました。 2,345件の検索結果のうちの66%である1,553件が、処方箋医薬品の販売、または販売を促す事を目的とするウェブサイト、つまりオンライン薬局、または医院や製薬会社のウェブサイトでした。残りは情報サイト、個人のブログ、掲示板などの中立な立場のウェブサイトでした。 処方箋医薬品の販売、または販売を促す結果を出した1,553件のうち、1,454件は日本の法規に従わず、個人輸入代行業の規則にも従っていない不正オンライン薬局でした。その他の55件は医院のウェブサイトであり、オンライン販売は行っておらず、来院の患者に対しての処方のみです。ウェブサイトであり、オンライン販売は行っておらず、来院の患者に対しての処方のみです。34は製薬会社のウェブサイトであり、8はOTCのみを販売するウェブサイトでした。OTCを販売するウェブサイトの中には現在の時点で完全に合法だとは言えないものも含まれますが、最近の最高裁の判決により近いうちにOTCのネット販売の緩和が進むと予想される為、問題はないと判断しました。 処方箋医薬品をオンラインで販売していた検索結果のうち、「個人輸入代行業者」である可能性があったウェブサイトは、たった1つでした。これはトップページに未承認医薬品の名前や値段が記載されておらず、医薬品名や値段を見る為には、顧客が薬の名前の一部を入力しなければならなかった為です。日本語の処方箋医薬品に関する検索結果のうち、厚生労働省の処方箋医薬品の輸入に従っていると考えられたのは、たったの0.1%だけでした。それ以外は全て日本の法規に違反していました。 主な不正オンライン薬局ネットワーク 日本をターゲットとする主な不正オンライン薬局ネットワークについての調査も行いました。検索結果に現れた44%の不正オンライン薬局ウェブサイトは、以下の3つの不正オンライン薬局ネットワークのものでした。 ベストくすり (別名 ベストケンコー) ネットワークベストくすりは、現在はベストケンコーとして営業しており、 2,345のうちの 419を占めました。正当な結果である医院と製薬会社の検索結果の総数は、たった89だった事を見れば、このネットワークの大きさが分かるでしょう。言い換えれば、日本語の処方薬のインターネット検索において、ベストくすりのウェブサイトだけでも、正当な結果の5倍近くとなっています。 ベストくすり/ベストケンコーのネットワークについては、レジットスクリプトの過去のブログ記事 をご覧下さい。 ロイユニオン不正薬局ネットワーク ロイユニオンは中国から運営されていると考えられる不正薬局ネットワークです。 このネットワークの検索結果は183に及びました。これはベストくすり(ベストケンコー)の半分以下でしたが、それでも正当な医院や製薬会社などの全ての正当なウェブサイトの合計の倍以上の数になります。 ロイユニオンに関しては過去のブログ記事 を参照して下さい。 RxCash.biz RxCash.bizは、イスラエルに拠点を置く多国籍犯罪集団であり、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中東などをターゲットにしています。RxCash.bizは世界中で規制薬物を含む処方箋医薬品を、処方箋なしで販売しています。医薬品は承認されておらず、偽造品と考えられます。このネットワークのウェブサイトには、i-kusuri.jp や kenkostore.orgがあります。 日本人が知っておくべき重大な事実があります。それは、日本国民に向けて処方箋医薬品を売るウェブサイトは、「正当な薬局」、つまり、FDA(米国食品医薬品局)などの機関に認証を受けたアメリカアメリカの実店舗を持つ薬局やドラッグストアが、日本に向けて少し販売をしているという訳ではありません。実際には、 主もなく、社会構造にも属さない日本の昔の「浪人サムライ」 のように、多国籍犯罪ネットワークが、何の安全管理もなく運営しているのです。 この記事の英語版はこちらから

Continue Reading ›