arrow-left-endarrow-right-end

News & Updates

The Latest on Internet Pharmacies, Supplements, Designer Drugs, and Other High-Risk Merchants

Filter By:

License Reinstated for Canadian Pharmacist Who Sold Counterfeit Cancer Drugs to the US

Canadian internet pharmacist Kristjan Thorkelson had his license reinstated by the College of Pharmacists of Manitoba only days after the regulatory authority suspended him, according to a report by CBC News. The sudden reversal reinforces LegitScript’s assertion that Canadian regulation of these internet pharmacies is inadequate for protecting US consumers. The Canadian regulatory authority confirmed…

Continue Reading ›

LegitScript Certification Now Recognized by Google

Google now accepts LegitScript’s Healthcare Merchant Certification for advertisers of pharmaceuticals and other healthcare-related products in the US and Canada. This means that healthcare merchants who are certified and monitored by LegitScript can advertise on Google AdWords, Shopping, and DoubleClick Bid Manager (DBM) without ads being paused or suspended for not complying with this new…

Continue Reading ›

CanadaDrugs.com President and Five Others Arrested for Selling Fake Cancer Drugs

Update: This story has been updated. See License Reinstated for Canadian Pharmacist Who Sold Counterfeit Cancer Drugs to the US. Six men connected to the online pharmacy CanadaDrugs.com, including president and founder Kristjan Thorkelson, have been extradited to the United States and arrested for selling fake cancer drugs online. US federal prosecutors have accused the men…

Continue Reading ›

Beware: New BestKenko Strategy Uncovered

LegitScript has published several articles on BestKenko network, the largest rogue pharmacy network targeting Japan.  As we have discussed in previous blog articles, websites under the BestKenko network advertise and sell unapproved prescription medicines in violation of Japanese laws. They do not have a Japanese pharmacy license, and the medicines they sell have not been…

Continue Reading ›

「日本語だから大丈夫?」ベストケンコーの新たな罠

私たちは、日本最大の不正医薬品販売組織である「ベストケンコー」について、以前何度かブログ記事を書いてきました。ベストケンコーは日本の法律に反し、安全性が保障されていない未承認医薬品を広告・販売しています。日本の薬局免許も持っていません。ベストケンコーは度重なる警告やドメイン名の停止措置にも関わらず、ウェブサイトが閉鎖される度に新たなページを立ち上げ、不正販売を続けています。 最近、ベストケンコーは日本語パッケージの未承認処方箋医薬品の販売をはじめました。 このような日本語のパッケージの未承認医薬品が出現したことは、日本の消費者にとって大変危険なことです。消費者は日本語のパッケージを見ることで、正規品だと思い込んでしまう恐れがあるからです。ベストケンコーは「安心の日本語パッケージ」と広告していますが、果たして本当に「安心」なのでしょうか。シログラ、ジマトラ、ジマリス、プロペストライド、これらは全て日本で未承認です。シログラ-100は100mgのシルデナフィルの成分を含んでいますが、日本ではシルデナフィルは25mgと50mgしか承認されていません。そもそも日本でシルデナフィル100mgという正規品など存在しないのです。これら未承認医薬品を広告、販売するのは日本の法律に違反する行為です。 シログラは「3箱ご購入でもう1箱プレゼント!」などと広告されています。このような販売方法はお菓子の安売りなどではよく見ますが、そもそも処方箋医薬品は医師から処方されなくてはならないものなので、「もう一個プレゼント」などという売り方は許されません。 では、なぜこれらの製品が危険なのでしょうか。答えは簡単です。インターネットで未承認医薬品を購入した場合、どんな製品が届くのかは全く分からないのです。インターネット上で販売されているED薬の約40%は偽造品というデータもあります。個人輸入で購入した偽造薬により、死亡疑いを含む複数の健康被害が報告されています。 ベストケンコーのウェブサイトには、「安心の100%保障」、「正規品保障」、「安心、安全」など、聞こえのいい広告文句が散りばめられています。しかし、これらの甘い広告文句の裏には、何の躊躇もなく違法行為をやってのける日本人ではない犯罪者がこうしたウェブサイトを運営しているという現実があります。このような犯罪組織であるベストケンコーから薬を買うことに、「安心」や「保障」などありえないのです。

Continue Reading ›

BestKenko, Part V: The (Familiar) Road Ahead

In this blog series, we have explored how BestKenko has thrived as the largest internet pharmacy network targeting Japan, where it is violating the law. It sells and markets unapproved drugs, does not require a valid prescription to purchase prescription drugs, and operates with an opaque and unregulated supply chain. Furthermore, it deceptively presents itself…

Continue Reading ›

ベストケンコー 第五章 — 見慣れた道

このブログシリーズでは、ベストケンコーが日本を狙った最大規模の違法オンライン薬局である、ということについて語ってきました。ベストケンコーは、未承認医薬品の広告・販売を行っており、処方箋を求めず処方医薬品を販売しています。そして、不透明な供給先から提供された医薬品を配送しています。さらに、日本での処方箋薬の個人輸入について誤った説明をすることで、日本の消費者にウェブサイトは「合法」であるという認識を植え付けています。 ベストケンコーのネットワークが日本の消費者の健康を犯していることは疑いようがありません。しかし、ベストケンコーの運営は、決して単独で行われているのではありません。ベストケンコーの直接の運営者だけで運営することは不可能なのです。不正ビジネスが成り立つのは、いくつもの企業からの協力を得ているからです。これらの企業とは、未承認医薬品の供給元、決済を提供する決済代行会社や、銀行、そして、法的責任を取ろうとしないドメイン名レジストラなどです。 ベストケンコーは、アメリカ市場を狙った「偽カナダ薬局」の組織に類似しています。Solaris/Candrugなどの組織は「カナダの薬局」と称し、実際はインドなどから薬を仕入れているのにも関わらず、販売する医薬品はカナダの安全基準を満たしているものとして、アメリカの消費者を欺いています。同じように、ベストケンコーは販売している薬がアメリカや日本で未承認なのにも関わらず、アメリカや日本の安全基準を満たしているとしています。更に、ベストケンコーと深く関わっているSAVA GlobalとAlps Pharmacy は、Solaris/Candrugをはじめとする「カナダ薬局」と自称するオンライン薬局の薬の供給元であることが判明しています。

Continue Reading ›

BestKenko, Pt. IV: Hitting Them Where It Hurts

We’ve explored how BestKenko uses deceptive marketing to allure Japanese consumers into purchasing drugs they think are safe, but actually come from an unregulated supply chain. The next logical question is: How can they be stopped? Let’s consider the essentials that an organization like this needs to operate. They have to maintain a large network…

Continue Reading ›

ベストケンコー 第四章 — 痛いところをつけ!

これまでのブログで、ベストケンコーが誤解を招く宣伝を行い、日本の消費者に「安全」な薬であると思わせていながら、実際は規制されていない安全性が不明な供給元から薬を発送している、という点をお話ししました。 次に湧いてくる質問は、「それではどうやってベストケンコーを止められるのか?」でしょう。では、このような組織を運営するのに必要不可欠なものは何か、というところから考えてみましょう。まず、顧客がウェブサイトで医薬品購入をすることで利益を得るためには、多くのウェブサイトを維持しなければならず、また、銀行や決済代行サービスを利用しなければなりません。 はじめに、なぜ多くのドメイン名が維持できているのかという点を見てみましょう。ベストケンコーが広く日本の消費者に働きかけることができているのは、非常に多くのアフィリエイトマーケティングの手法によるウェブサイトが存在するからです。多くの人は、「明らかに法を犯しているウェブサイトを閉鎖するのは簡単なことだ」と考えるでしょう。しかし、不正なウェブサイトに手を貸し続けるレジストラ、「GMOインターネット」によって、これらのウェブサイトは閉鎖されないままとなっています。レジットスクリプトは、これまでにもお話ししたように、何度もGMOインターネットにドメイン名の閉鎖要請をしてきましたが、まだ協力が得られていません。現在、800件程存在するベストケンコーのウェブサイトのうち、実に約680件がGMOインターネットに登録されています。

Continue Reading ›

BestKenko, Part III: Partners in Crime

In today’s blog post, we’ll consider what happens when a Japanese customer orders a product from a BestKenko website. Where does it come from, and what are they really getting? As the internet pharmacy implies, are the drugs really approved by the US Food and Drug Administration? We’ll dig into domain name registrations, business records,…

Continue Reading ›