arrow-left-endarrow-right-end

ニュース&最新情報

フィルター:

EDサプリメント:医薬品と同じ効果?それは未承認医薬品かも

厚生労働省では毎年「健康食品の買い上げ調査」を実施し、その結果をウェブサイトで公表しています。これは、いわゆる健康食品の中でも、滋養強壮や痩身効果などを謳う商品を対象にして成分検査を行うもので、こうした健康食品の中には検査の結果、シルデナフィルやタダラフィルなどの医薬品成分が含まれていることが判明したケースが少なくないことが知られています。

Continue Reading ›

情報商材:儲からない話

コロナ禍により、多くの人が自宅待機を余儀なくされ、不運にも収入源を失ってしまうなど経済的に困窮する中で、自宅で手軽にできる副業というオプションがこれまでになく注目を集めています。自宅でパソコン一台で手軽にできて、一日数時間の作業で安定した収入が得られるなら、その秘密を知りたいと誰もが思うはずです。

Continue Reading ›

フリマ市場のリスク

「ポビドンヨード」という成分を含むうがい薬で1日4回のうがいをした新型コロナウイルス陽性の軽症患者で、唾液中のウイルスの陽性頻度が低下したーーー。コロナ禍で引き続き世間が落ち着かない中、大阪府と大阪府立病院機構「大阪はびきの医療センター」がこのような臨床研究の結果を発表しました。そして、市民にうがい薬の使用を励行する呼びかけが行われました。

Continue Reading ›

サプリメントや医薬品の個人輸入で健康被害を受けた方からの声を募集します

レジットスクリプトは以前から、個人輸入として販売されている医薬品やサプリメントについての危険性を訴えています。厚労省も同様に注意喚起を行なっています。

Continue Reading ›

「日本語だから大丈夫?」ベストケンコーの新たな罠

私たちは、日本最大の不正医薬品販売組織である「ベストケンコー」について、以前何度かブログ記事を書いてきました。ベストケンコーは日本の法律に反し、安全性が保障されていない未承認医薬品を広告・販売しています。日本の薬局免許も持っていません。ベストケンコーは度重なる警告やドメイン名の停止措置にも関わらず、ウェブサイトが閉鎖される度に新たなページを立ち上げ、不正販売を続けています。

最近、ベストケンコーは日本語パッケージの未承認処方箋医薬品の販売をはじめました。

Continue Reading ›

ベストケンコー 第五章 — 見慣れた道

このブログシリーズでは、ベストケンコーが日本を狙った最大規模の違法オンライン薬局である、ということについて語ってきました。ベストケンコーは、未承認医薬品の広告・販売を行っており、処方箋を求めず処方医薬品を販売しています。そして、不透明な供給先から提供された医薬品を配送しています。さらに、日本での処方箋薬の個人輸入について誤った説明をすることで、日本の消費者にウェブサイトは「合法」であるという認識を植え付けています。

Continue Reading ›

ベストケンコー 第四章 — 痛いところをつけ!

これまでのブログで、ベストケンコーが誤解を招く宣伝を行い、日本の消費者に「安全」な薬であると思わせていながら、実際は規制されていない安全性が不明な供給元から薬を発送している、という点をお話ししました

Continue Reading ›

ベストケンコー 第三章 — 共犯者

このブログでは、日本の消費者がベストケンコーのウェブサイトから医薬品を購入するというのはどういう事なのか、ということについてお話ししていきます。医薬品はどこから来るのでしょうか。実際にどのような商品が届くのでしょうか。本当に販売している薬はアメリカの食品医薬品局(FDA)によって承認されたものなのでしょうか。ドメイン名登録、ビジネスの記録、そしてパナマ文書を見ていきましょう。

Continue Reading ›

ベストケンコー 第二章  – 組織を操る男たち – Boys & Their Toys

シンガポールのThe Cufflink Clubというバーは、外国人に人気のスポットです。有名な口コミサイトの「Yelp」には、28シンガポールドル(日本円で2,000円程)の凍った氷の中におもちゃの兵隊が入った「Boys & Their Toys」というカクテルの写真が載っています。The Cufflink Club はシンガポールの投資グループ、Rajahblue ホールディングスの投資先の一つです。そして、Rajahblue のウェブサイトには、British Association of Mixed Martial Arts(BAMMA)や Scanpro Pacific Pte. Ltd. という企業などを含む、様々のビジネス分野への投資を行っているとあります。 Scanpro Pacific Pte. Ltd はベストケンコーのウェブサイトに、配送センターとして記載されています。しかし、Scanpro Pacific Pte. Ltd と Rajahblue ホールディングスは、単なるベストケンコーの配送センターや供給元だけではありません。これまでの会社登記記録、そしてドメイン名登録情報などについての捜査により、ベストケンコーの主な運営者は、このRajahblueの役員や仲間達であることが判明しています。

Continue Reading ›

ベストケンコー 第一章 – 日本最大の医薬品販売サイトは違法?

もしあなたが、世界の医薬品市場で第2位の規模である日本で処方箋薬をオンラインで買うとしたら、 bestkenko.com のようなウェブサイトに出会うでしょう。流暢な日本語で書かれたこの「ベストケンコー」のウェブサイトは、「はじめて訪れるお客様」に、このウェブサイトは完全に合法であるとうたい、日本人に馴染み深い薬のパッケージを表示しています。ウェブサイトで販売されている医薬品はアメリカの米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)から安全性についての承認を受けたものだと広告され、価格は日本円で表示されています。bestkenko.com で薬を購入したという、日本の顧客の体験談も数多く掲載されています。日本にいるネットユーザーにとって、 bestkenko.com は処方箋薬をオーダーする上で、合法で、安全で、便利なウェブサイトに見えることでしょう。 しかし、問題は、日本では、ごく限られた場合の例外を除き、処方箋医薬品のインターネット販売は違法、ということです。bestkenko.com で販売されている医薬品の大部分は日本、または世界中のほとんどの国で承認を受けているものではありません。ウェブサイトの管理者は日本の法管轄外にいて、薬の供給元も不透明です。ベストケンコーは800以上のウェブサイトを運営する大きな不正組織です。ベストケンコーのウェブサイトは日本のIPアドレスから接続された場合にのみコンテンツが表示されるようにできており、日本の外から接続された場合には「メンテナンス中」のメッセージが表示されます。 レジットスクリプトはこれから5回にわたり、「ベストケンコー」というネットワークの解明にのぞむブログを公開します。今回の記事は、そのシリーズの第1回目となります。この5回のブログシリーズでは、過去数年間の調査によってレジットスクリプトが特定したベストケンコーについての情報を公開します。ドメイン名登録の記録、パナマ文書を含む各国の企業登録のデータなどについて検証し、誰がこのネットワークの裏に存在し、どのように運営され、日本を狙った最大規模のオンライン薬局となったのか、という背景について記します。このベストケンコーの組織は、違法行為に目をつむるドメイン名レジストラによって支えられています。販売されている薬は法規制の枠から離れた供給元から卸されています。アメリカをターゲットにする不正薬局は、実際にはインドや中国から薬を供給しますが、よく「カナダの薬局」と偽り顧客を集めます。そのような「偽のカナダ薬局」に薬を供給していることが確認された同じインドの配給元から、ベストケンコーは医薬品を卸していることが確認されています。

Continue Reading ›

[Webinar]
[Webinar]