arrow-left-endarrow-right-end

NEW! ヘルスケア製品データベースへのAPI接続

健康食品・サプリメント、危険ドラッグ、医薬品などを含む世界最大のヘルスケア商品データベースに接続しましょう。

オンライン広告・
eコマース監視

不正コンテンツを素早く発見し、貴社と顧客を守ります。

加盟店モニタリング

法律・規則を順守している加盟店を効果的に受け入れましょう。

ブランド監視と商標侵害対策

非正規品を販売するサイトや悪徳業者から、貴社のブランドと顧客を守ります。

コンプライアンスに自信を

オンライン薬局、健康食品・サプリメントの販売サイト、その他ウェブサイトの正当性を判断する弊社のサービスは、クレジットカード会社、検索エンジンや各規制機関より信頼され、ご利用頂いています。

レジットスクリプトで監視しているウェブサイトと加盟店の数: 537,722

loading...

loading...

loading...

loading...

ニュース&最新情報

フリマ市場のリスク

「ポビドンヨード」という成分を含むうがい薬で1日4回のうがいをした新型コロナウイルス陽性の軽症患者で、唾液中のウイルスの陽性頻度が低下したーーー。コロナ禍で引き続き世間が落ち着かない中、大阪府と大阪府立病院機構「大阪はびきの医療センター」がこのような臨床研究の結果を発表しました。そして、市民にうがい薬の使用を励行する呼びかけが行われました。 これを受けて、まず「イソジン」などのうがい薬が薬局から相次いで売り切れる事態となりました。そして次に、こうしたうがい薬がオンラインのフリマで個人出品されていることが明らかになりました。 生活必需品が店頭から消え、フリマで高額で取引されるーーー。これはコロナ禍の初期から問題となっていた、マスクや消毒液の転売とも共通する現象です。しかし今回特にこれが問題視されているのは、「ポピドンヨード」を含むうがい薬は第三類医薬品というものに該当し、許可を持つ薬局等でなければ売ってはいけない医薬品であるということです。フリマで許可なく販売することができない商品について、東京都からも呼びかけが行われています。 日本のフリマ市場は大きく、売られている商品も多岐に渡ります。普通のお店では見つからないようなものが買えたり、いらなくなったものを手軽に処分できたり、といった利点がありますが、その一方で、利用規約で禁止されているにもかかわらず、売られるべきではないものが頻繁に売られているという事実もあります。フリマ側はこうした出品を定期的にチェックしていますし、見つかった違反品は取り下げられますが、その側から新たな出品も繰り返されています。 マスクや医薬部外品が高額で転売されていること自体も問題ですし、こうした商品の高額転売が違法扱いになったこともありますが、医薬品を無許可で販売することは常に違法です。今回のうがい薬は薬局で市販されている承認された医薬品でしたが、フリマ市場ではさらに輪をかけて違法なものが売られているという現実もあります。 代表的なものは、日本で承認されていない、しかも処方箋の必要な医薬品。ED治療薬やAGA治療薬、医薬品成分の入ったまつげ美容液などがフリマ市場では頻繁に売られています。また、ニコチンの入った電子タバコリキッドも、フリマ市場でよく見かけますが、ニコチンは日本では医薬品成分と見なされており、ニコチン入りの電子タバコリキッドは、薬機法に基づいて承認を受けなければ、広告販売することはできません。そして、現在承認を受けたニコチン入りの電子タバコリキッドというものはありません。さらに、偽物のブランド品やゲームカードなども、フリマ市場で出品されていたというニュースが後を絶ちません。 このような違法な商品の出品は消費者に危険を与えるのはもちろん、ネットオークションやフリマアプリの運営においても大きなリスクであり、オークションに向けてクレジットカード決済サービスを提供するペイメントプロバイダーにとってもカードブランドルール違反のリスクが伴います。レジットスクリプトはネットオークションやフリマアプリ運営者を対象としたモニタリングサービスも提供しています。 SUBSCRIBE TO OUR BLOG BLOG HOME

サプリメントや医薬品の個人輸入で健康被害を受けた方からの声を募集します

レジットスクリプトは以前から、個人輸入として販売されている医薬品やサプリメントについての危険性を訴えています。厚労省も同様に注意喚起を行なっています。 個人輸入された医薬品は正規流通から外れた医薬品であり、偽造品の可能性は否定できません。どこで製造され、誰が触ったもので、どんな成分が入っているのか。個人輸入された医薬品について、消費者が正確に知る手段はありません。もし健康被害が起こったとしても、購入者の「自己責任」とされる傾向にあります。 「海外で人気のダイエットサプリ」として販売されることが良くあるオルリスタットは、サプリメントと称していても、世界的にも明らかに医薬品です。日本では未承認医薬品であり、販売するための広告は薬機法第68条に違反します。厚労省は10年前から警告を出していますが、いまだに日本の消費者に向けて違法に広告・販売されることが多い製品です。 同じように「ダイエット」をうたい違法に販売される製品に「ホスピタルダイエット」や「ヤンヒーダイエット」が挙げられます。一見サプリメントのように販売されますが、正体は非常に危険で世界的に禁止されているシブトラミンや、向精神薬です。2002年から何度も死亡例を含む健康被害が報告され、厚労省から注意喚起が行われていますが、今でも毎年のように健康被害が報告されています。 ダイエットを標榜する不正なサプリメントは、世界的にも大きな問題です。イギリスで「ダイエットカプセル」として販売された製品がDNPという非常に危険な農薬成分を含み、複数の死亡例が報告され、インターポールからの警告も発信されています。インターネットで海外からの製品が気軽に買えてしまう今の時代において、海外で出回る危険なダイエットサプリが日本にも入ってくる可能性は否定できません。 以前から本ブログで繰り返し注意喚起を行っているベストケンコーやオオサカ堂など違法行為を堂々と行う不正組織にとって、サプリメントは大きな収入源です。これらの不正組織が販売するサプリメントを服用する事には、言うまでもなく危険が伴います。ベストケンコーやオオサカ堂などの不正組織は、危険な未承認の処方箋医薬品とサプリメントを一緒にセット販売する傾向があり、消費者が危険な未承認の処方箋医薬品をサプリメントと誤解して購入してしまう危険性があります。 レジットスクリプトはこれからも個人輸入と謳い危険な医薬品やサプリメントを広告・販売する不正ウェブサイトの監視を続けます。 個人輸入の問題の一つに、被害の実態が見えにくい事が挙げられます。レジットスクリプトは、個人輸入による医薬品やサプリメントによって健康被害を受けた方の声を募集します。個人輸入による医薬品やサプリメントで健康被害を受けた方、また、被害を受けた方をご存知でしたら、 [email protected]まで連絡を下さい。匿名でも実名でも結構です。
Hiromi
By on October 4, 2019
Internet Pharmacy Stuff 

「日本語だから大丈夫?」ベストケンコーの新たな罠

私たちは、日本最大の不正医薬品販売組織である「ベストケンコー」について、以前何度かブログ記事を書いてきました。ベストケンコーは日本の法律に反し、安全性が保障されていない未承認医薬品を広告・販売しています。日本の薬局免許も持っていません。ベストケンコーは度重なる警告やドメイン名の停止措置にも関わらず、ウェブサイトが閉鎖される度に新たなページを立ち上げ、不正販売を続けています。
最近、ベストケンコーは日本語パッケージの未承認処方箋医薬品の販売をはじめました。

Hiromi
By on March 31, 2017
Uncategorized 
[Webinar]
[Webinar]